横浜アリーナ YOKOHAMA ARENA

文字サイズ標準大サイズ

主な設備のご案内

サウンドシステム

サウンドシステムは様々なイベントニーズに対応可能で、講演会、展示会などの様々な用途に使用できます。スピーカー(MEYER SOUND社製)は、コンサート等持込システムとの連携が容易で、当アリーナのスピーカーを、コンサートの補助スピーカーとして使用できるプロユースの機能と性能を有しています。またイベント仕込み作業の効率化を図るため、音響調整卓は、デジタル音響調整卓(Panasonic製:2008年変更)を採用し各イベントパターン別にセッティングされた音場を、瞬時に切り替えることが可能です。また客席隅々までカバーする43台のスピーカーは全て個々に遅れ時間や周波数特性を音響調整卓でコントロールすることができ、どのようなステージ構成で持込スピーカーがセットされても、補助スピーカーとしての連携をスピーディーに仕込むことができます。
(設計・施行 竹中工務店


デジタル音響調整卓(RAMSA WR-D600)

音響システム

アリーナ形状の変化にコンピューターで対応し、良好な音場を確保。
パターンプリセット方式を採用。
フルデジタルミキシングコンソール 入力56ch・出力72ch 指向性パワードスピーカー 43台

スピーカー

各スピーカーには、ネットワークによる故障検知システムを備えており、スピーカー1台1台の動作を常時監視することができ横浜アリーナ再生品質の維持向上を図っています。



スピーカー配置



音圧分布シュミレーション結果(帯域合成125~4kHz)